プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

こんにちは。開陽亭 営業部部長のイカ太郎です!
ブログやホームページを通して、旬の味覚や北海道のおいしいもの等開陽亭の魅力を皆様にお伝えするのが私の仕事です。どうぞ宜しくお願い致します。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年5月 | メイン | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

開陽亭の宴会コース

こんばんはっ!

イカ太郎ですくコ:彡

今日は開陽亭の宴会コースのご紹介をしようと思います♪

元祖!「活イカおどり造り」が3,000円からのコースで食べれちゃいます!

1番人気のあるコースは
【特別コース】10,000円
肉厚あわびの丸焼き・豪華!刺身盛合せ(10点)・天然塩水うに・浜ゆで毛ガニ・たらば・活イカおどり造り・選べる海鮮鍋 他etc,,,(デザート付き)

こんなにたっぷり、北海道の味覚を味わって、10,000円!

高級料亭と引けを取らない、内容をたっぷり味わえちゃいます!

これからの暑いシーズンには
是非、開陽亭に来て美味しいお酒と、
美味しい海鮮をみなさんで楽しんでみてはいかがでしょうか?

開陽亭の最新!情報発信中(>_<)
  ↓    ↓   ↓
公式HP【 http://www.kaiyoutei.co.jp/ 】

食べログ 5条店【http://r.tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1028627/】
     6条店【http://r.tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1000100/】

アメブロ【http://ameblo.jp/kaiyoutei-ika-ika/】

2011年6月28日 (火)

開陽亭が元祖!「活イカおどり造り」

こんばんは!

イカ太郎です!!

本日も開陽亭5条店では
元気な真イカ君たちが泳いでおります!!

まだ旬の始まったばかりの真イカは
少々、小ぶり

でも2尾付けでお出ししております!
小ぶりでも、間違いなく元気なのでご安心を(>_<)♪


今日はそんな、真イカの豆知識♪

真イカ=「スルメイカ」

地方によって呼び方が変わるそうです!

その「スルメ」とはどのような意味でしょうか?

スルメと言えば、あの干物のスルメしか思い浮かばないですよね?


現在ではスルメの意味は、干物にしたもの、その材料になる生物、すなわち本種を「スルメイカ」と呼ぶのが普通ですが
もともと、「スルメ」の意味は、
加工前のイカ自体も「スルメ」と呼んでいたそうです。

なので、干したイカよりも先に、イカ自体を「スルメ」と呼んでいたのです!

以上!知れば知るほど、噛めば噛むほど、
味が出てくるイカの話でした!

お後がよろしいようで~~笑

みなさんも是非、開陽亭で活イカを味わってみてください!

2011年6月25日 (土)

夏にアンコウ!??

こんばんは!
イカ太郎です(^O^)/

先週までの夏の陽気に打って変わって、
今日は最高気温17度!

東京・埼玉に比べ
北海道は、そう簡単にあつ~い夏にはなってくれないようです(T_T)


でも、今
冬の魚で知られている、アンコウが函館で獲れています!旬の時期の方が美味しいと、思われるでしょうが
なかなかこの時期のアンコウも美味しいですよ!!
肝も濃厚なコクもあり、お酒の肴にぴったり!!

身も、唐揚げにしてプッリプリの感触をお楽しみいただけます!

ご家庭でもアンキモが作れる!?

◆アンキモの作り方

1、まず、ざっと水洗い!
  日本酒をつかって洗うとGOOD!

2,全体にざっと塩をふる。塩加減が今後を左右します!
  若干の薄味が程よいです

3、冷蔵庫で数時間寝かせて、水気をとります

4、それをラップで円筒状に形を整えて、2、3周巻きます
  両端を輪ゴムでとめます。

5、蒸し器で適当な時間、蒸します。
  あまり蒸しすぎると、あぶら分が分離するので加減が必要!

6、蒸しあがったら、すぐに荒熱をとり、冷蔵庫で冷やします!

7、ラップをはがし輪切りにすれば、完成♪

ご自宅でアンキモをつまみに晩酌♪なんて、ステキですね笑

2011年6月22日 (水)

開陽亭のお得なお話(-。-)y-゜゜゜

こんばんは!
イカ太郎ですくコ:彡

みなさん、函館開陽亭の公式HPが存在するのはご存知でしょうか?笑

函館開陽亭【公式HP】が少しリニューアルされました!TOPページで開陽亭紹介*動画が見れちゃいます!こちらから☆☆☆


そして夏でも使えちゃう!
開陽亭の特別クーポンございます<(_ _)>

食べログ・ぐるなびクーポンで
こちらの開陽亭3大人気メニューをもれなく、プレゼント中★


または、宴会コースでクーポンご利用だと
人数×500円割引☆
宴会でもお得なクーポン!(^O^)/

この夏は、開陽亭で他じゃあ、食べれない
絶品海鮮を存分に味わってみてください☆

2011年6月21日 (火)

本日は28度!!

こんばんは!

イカ太郎です!

そうです!ついに北海道、札幌は本日28度!

そりゃあ、どうりで暑いわけだ!!


みなさんもう、すっかり夏の装い♪
夏特有の活気づいた、空気感!


そんな、暑い日にはビールが一番♪

おいしいものがたくさん食べたくなる季節!

開陽亭にはたっぷりと
美味しい海鮮が勢揃いです(^O^)/






ちなみに、イカ太郎がずっと前から気になっていたこと

いくらと筋子の違い!

筋子:卵巣膜に包まれた状態のまま塩漬けにしたもの。
いくら:卵巣膜から卵を取り出し、一粒づつバラバラにして味付けをしたもの。
さらに
生筋子:鮭の卵巣をお腹から取り出した状態。

みなさんご存知の方もたくさんいらっしゃいますよね?笑
でも、ふと気になる事もありますよね?笑


とにかく、夏場も美味しい海鮮は
ご紹介しきれないくらいに、いっぱいあります!

是非!
函館開陽亭にいらっしゃてください!


2011年6月17日 (金)

真イカ!

こんばんはっ!

イカ太郎ですくコ:彡


6月は真イカ漁が解禁!

まさに真イカの時期始め!


時期始めの頃の真イカは小ぶりなものが多いです!
今の時期は活イカも2尾付けにして、お出ししております<(_ _)>


イカは一年かけて回遊します!
なので、その回遊の中で成長していきます

春から夏生まれの群れは、日本海本州沿岸から九州沿岸までと、伊豆半島周辺海域にて発生します

その群れが1年かけて、回遊してきます

幼生は体長1mm程度で、対馬暖流に乗って成長しながら北上します


なので、入荷してくるイカも始めは小ぶりのものが多く、
3週間から1カ月後にはもっと成長した段階のイカが入荷してきます!

また、獲れる場所によっても、大きさが異なります

まさに、ある意味、
自然のめぐりあわせ!

そんな変化も楽しみながら、イカを食べるというのも、
なかなか面白いかもしれませんね!

2011年6月16日 (木)

遠く離れていても、開陽亭の味が味わえる!?

こんばんは!
イカ太郎ですくコ:彡

本日はクロマグロのご紹介
こちら入荷したのは、青森産

あぶらが程よくのっており、身もしまり絶品♪


◆ここで、本日は「マグロ」の豆知識をご紹介!◆

まずは、「マグロ」の名前の由来!

*江戸時代にマグロが背中を海面に出して泳いでいる姿を
見た漁師が、その背中の色から
「真黒」と名付けたのです!
つまり、背中の黒い色が由来!


そして、みなさんもしかしたら
一度は考えたかもしれないですね、、、、
「一体マグロ1匹からは、何人前の刺身がとれるのか?」

*ずばり、約2000人分!
1匹200キロ前後として、大人が食べる刺身の平均を100gとすると
2000人分!


そして、マグロのどんどん変わる面白い数え方!

マグロは海にいるときは、もちろん1匹。
ですが、海から釣りあげられると、1本。
そして、まな板の上で半身になって、1ちょう。
最終的には、1切れとなります!

こんなに数え方が変わるのも、あらためて考えると不思議!(゜゜)


美味しいのはもちろん!、身近のようで知らなかった事はけっこうありますね!

まだまだ、開陽亭には「うまい!」食材・料理メニューがいっぱいあります!
今日はそのほんの一部!

隠れた人気メニュー♪

カニクリームコロッケ!

中にはクリームよりも、カニの方がたっぷり入ってます!

なんとこちら、お持ちかえりもできます(>_<)

そして、、、なんと!
地方発送も承ります!!

一度、揚げたものを冷凍してお送りするか、
揚げる前の段階で冷凍してお送りするか、選べます!

ちなみに揚げてから冷凍のものだと、
ご自宅で電子レンジでチン♪ですぐ、いただけます!

揚げる前で冷凍だと、ご自宅で揚げて頂いてから召し上がれます!
サクッとしてとろっとした食感はいいです♪


詳しくはお電話で、承っております<(_ _)>
5条店*011-512-2747
6条店*011-562-2999

離れた場所からも、開陽亭の味をお楽しみいただけます!

2011年6月14日 (火)

野菜にもこだわってます!旬のアスパラは絶品!

こんばんは!

イカ太郎です!

本日の札幌は雨模様(>_<)


これも、夏へ向けてのステップとして、
本格的な夏の訪れを期待★


さて、本日はアスパラについてお話したいと思います!

いつもは海鮮ですが、開陽亭は海鮮・肉だけではなく
もちろん、野菜にもこだわっています!!

北海道産アスパラ

ホワイトアスパラはグリーンのものに比べて
ほのかな甘み・ほのかな苦みが特徴!

その風味を楽しめます!

新鮮な野菜は、手を加えすぎることなく
サラダにして頂くのが、ベスト♪

素材の本来のうまみが楽しめると思います(*^_^*)

ここで、アスパラの歴史をご紹介♪

江戸時代にオランダから、観賞用として持ち込まれたのが
日本に来たきっかけ。

その後、食用として導入されたのは明治時代

本格的な栽培が始まったのが
大正時代から

今では、グリーンアスパラのほうが一般的かもしれませんが
最初は、欧米への輸出用缶詰に使うホワイトアスパラガスが始まりでした。

その後、グリーンアスパラが主流になったのは
昭和40年代以降!

見た目からも、日本に入ってきた当時は
観賞用だったのは、驚きですね(゜゜)


開陽亭では、絶品海鮮(うに・かに・海老・まぐろ などなど、、、)の他にも
「地元」の本当にうまいもんにこだわった
うまい!食材がいっぱいあります☆

毎回毎回、新しい"絶品"を体感するのも、楽しいかもしれません(*^^)v


2011年6月12日 (日)

ついに!真イカが入荷!

こんばんはっ!
イカ太郎です(^O^)/

真イカ漁が解禁されて
ついに真イカが入荷しました!


まだまだ、小ぶりですが
特別に3尾付けでお出ししております!!

青森産の天然クロマグロ


こちらは最高級品!「黒いダイヤ」とも呼ばれるほど、
稀少なまぐろ。

今が旬のアスパラガス

などなど、見逃せない旬の食材がたっぷり入荷中!

街中ではよさこい祭りでにぎわっております!
是非、札幌にお越しになった際には、開陽亭で北海道の味覚を楽しまれてはいかがでしょうか?(>_<)

2011年6月10日 (金)

旬!は微妙にちがう!うにの時期!

こんばんは!

イカ太郎です(^O^)/


今はまさにうにの季節!


知ってましたか?

北海道内ではウニの獲れる時期が地方ごとに、微妙にちがうんです!!


日本海では一般的に6月~8月

そして太平洋・オホーツク海へと移っていきます!!

そして場所によって、食べている海そうも違うので

なんと、獲れた場所で味も結構ちがいます!!

その時その時で、入荷してくるウニの産地によって、
また違うウニの味を楽しめるかもしれません!!

是非、開陽亭に北海道産の天然うにを食べに来てみてください!!

開陽亭 すすきの2号店 のサービス一覧

開陽亭 すすきの2号店