プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

こんにちは。開陽亭 営業部部長のイカ太郎です!
ブログやホームページを通して、旬の味覚や北海道のおいしいもの等開陽亭の魅力を皆様にお伝えするのが私の仕事です。どうぞ宜しくお願い致します。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« あの、国産サフォークラム肉が再入荷!! | メイン | 冬の味覚お次は、にしん!! »

2011年12月10日 (土)

忘れてはいけません!冬の味覚!牡蠣

こんばんは!イカ太郎ですくコ:彡

最近の札幌はぐっと冷え込んで、マイナス7度とか6度とか。。。。

冬本番!!!て感じです♪

冬本番!というわけで、、、、

冬の味覚も今が一番美味しい時期!!

活真イカは身も大ぶりで食べ応え充分!!!

冬の味覚「銀宝」もあぶらノリ最高な魚!!

宴会コースでは銀宝鍋がついてきます♪

きんきに負けじと劣らぬ、美味しさです(^O^)/


あとは、、、なんといっても、、、牡蠣!!

海のミルクと言われるだけあって、本当に濃厚♪

開陽亭の牡蠣は釧路町の昆布森産!!

今や、北海道で一番うまい!と言われるのが昆布森産の牡蠣です!


ここで牡蠣の豆知識♪

フランスでは法律で牡蠣の大きさが決まっている!

カキは「重さ」で6等級に分けられていて、「0」が一番大きくて、「5」が一番小さいサイズ。

日本では大きいものが人気ですが、フランスでの一番人気のサイズは「3」「4」で一番大きい「0」番はあまりお店でも、注文されないらしいです。

お店でも、注文するときはサイズを指定して、出される牡蠣は見事に同じサイズ!
それだけ、フランスでは牡蠣の需要があるという事ですね♪

ちなみにフランスで食べられている牡蠣の99%は日本の「マガキ」だそうです。
1970年代にフランスの牡蠣(ブラン種)が病気で絶滅してしまい、
世界中に代わりとなるカキを求め、唯一病気に打ち勝ったのが日本のマガキだったそうです。

その「マガキ」というのは宮城産の牡蠣に由来していて、とても生命力と繁殖力が強い事で有名。
なぜ、そんなに生命力が強いのかは未だ、謎らしいです笑

でも、その生命力が強いおかげで、養殖しやすく世界中の生産者に愛されています。

日本が誇る、世界中で愛されている牡蠣!

是非、開陽亭で北海道一おいしい牡蠣を味わってみてください♪

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/564561/28268207

忘れてはいけません!冬の味覚!牡蠣を参照しているブログ:

コメント

冬の味覚。貝ならやはり牡蠣ですよね。

世界に誇る日本の牡蠣!栄養満点で最高です。

意外と北海道の生産量は多くないのですね。

宮城・三重・広島がトップスリーのようです。

ぴーころさん★いつもコメントありがとうございます!!

そうなんですね!!
ただでさえ稀少になっている牡蠣!!

冬の味覚として是非、味わいたいですよね♪

やはり季節のものは一番美味しい時に食べて頂きたいです!
ぴーころさんももし、お時間あれば是非、開陽亭で旬の海鮮楽しんでください(>_<)

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

開陽亭 すすきの2号店 のサービス一覧

開陽亭 すすきの2号店